脱毛器は自宅で脱毛ができる便利な道具ですが、やけどやケガをする危険もあります。 やけどやケガをするケースは、次の2つです。 ・肌へのダメージが大きい脱毛器を使った場合 ・誤った方法で使用した場合 脱毛器の中には、肌へのダメージが大きいものも少なくありません。 特に外国産のものは、外国人の肌向けに作られているので、日本人の肌には合わない可能性があります。 やけどやケガのリスクを抑えるためにも、国産の脱毛器を使用された方が良いでしょう。 また、誤った方法で使用すると、やけどやケガをする可能性が高いです。 そのため、必ず使用方法を説明書で確認してから脱毛器を使用するようにしてください。 ほとんどの脱毛器の説明書には、使用前後に肌を冷やさないといけないと書かれていますが、これを守らない人が特に多いようです。 肌を冷やすのは肌トラブルを防ぐ上でも重要ですから、きちんと守るようにしましょう。 もし、脱毛器を使用して肌にトラブルが起きた場合は、すぐに使用を中止してください。 症状が重い場合は、病院に行くことも視野に入れた方がいいですね。